わがままな患者さんがいます

心が狭いのでしょうか…

投稿者:和歌子 投稿日:2016/2/25 21:03 76いいね!

人の役に立ちたいと思って看護師になりましたが、たまに度を超えた患者さんがいるので、辛くなってしまいます。

用もないのにナースコールを押してみたり、食事がまずいとか病室の環境が悪いとか文句ばかり言ったりします。
注射を打ったり投薬したりするのも、お気に入りの看護師でないとやだと駄々をこねる人もいます。

こういう患者さんだと、気持ち良く看護するのが難しくなってしまわないでしょうか?

患者さんの心の中をイメージしてみると心が落ち着く

回答者:Mako 回答日:2016/2/27 8:03

確かに子どものように駄々をこねる患者さんというのは、意外といるものですね。
そんな時私は、患者さんの心の中をイメージするようにしています。
どうしてこんなことを言うのだろうか?と考えるのです。

用がないのに看護師を呼ぶのは、さみしくて誰かが側にいてほしいと思っているのだろうと考えますし、細かなことに文句を付けるのは、しっかり家事を果たしてくれる奥さんと一緒にいられなくてさみしいのだろうなと考えます。

もちろん、こうしたイメージがすべて当たっているわけではないでしょうが、こう思うと患者さんがかわいく思えて、余裕を持って看護できるようになります。

「そんなに駄々をこねてさみしいのね、よしよし」くらいの気持ちで患者さんに接することができるので、意外と楽しいですよ。

怒られるのが楽しい患者さんもいる

回答者:椿明子 回答日:2016/2/27 18:33

わがままな患者さんにも、いろいろなタイプがあると思います。
とにかく神経質なタイプの方もいて、そういう患者さんは何にでも文句をつけてきます。
そうなるとしょうがないのですが、入院患者さんで多いのが、甘えっ子のようなタイプです。

きっと家族や友だちと離れた生活をしているのでさみしいからでしょう、いろいろと看護師にわがままを言ってきます。
何かをしてほしいというよりは、誰かと接していたいという気持ちが、わがままとなって表れるのでしょうね。

そういう患者さんには、あえてちょっと叱るような感じでわがまましないように、と言うようにしています。
そうすると、結構素直に従ってくれて、好意的になってくれるんですよ。
怒られると逆に安心するんでしょうかね。

こっちが勉強になることもある

回答者:ゆかり 回答日:2016/2/27 23:45

毎日看護師の仕事は忙しいので、患者さんのわがままにすべて付き合っているわけにはいきませんよね。

駄目なものは駄目とはっきり言うようにしていますが、中には、なるほど、わがまま言うのももっともだ、という時もあって、わがままも馬鹿にならないこともあります。

わがままは言い換えると、患者さんが病院生活で不満に思っていることなので、それを改善することで、患者さんがより快適に過ごせるようになります。

病院環境の改善は治療効果を高めることにもつながりますので、時に患者さんのわがままが大きな勉強になることもあると思うと、あまり苦になりませんよ。

master