有給がとりづらい

正直もう少し休みたいです。

投稿者:jyunko 投稿日:2016/6/28 12:55 73いいね!

年間に10日間以上の有給をもらっているのですが、ほとんど有給を使っていません。

病気をした時に使う程度で、遊びに行くなど休暇目的で取ることはほぼありません。

看護師の有休消化率は低いという話はよく聞きますが、どこも一緒なのでしょうか?

有給を全部使っている看護師なんてほぼいない

回答者:田口美香 回答日:2016/6/29 8:29

さぼらずに普通に仕事をしているなら、一年間10日以上の有給休暇は、仕事を始めて1年目からもらえるはずです。
しかし、看護師の休暇事情についての統計を見てみると、平均的な有給取得日数は10日にも達していません。
つまり、もらっている有給をきっちり消化している看護師というのは、ほぼいないということになります。

そのため、最近の看護師の中には、有給消化率が高い病院を探して求人を探している人も多いようですね。
こうした事情も考えて、いろいろな病院で有給消化率を公表して、休みが取りやすいところであることをアピールしてします。
もっと、有給を気軽に取れる環境が整えられて、看護師が働きやすくなるといいですね。

休暇のために有給を取るのはかなり難しい

回答者:関口恵 回答日:2016/6/30 12:41

私は有給休暇を年間20日近くもらっていますが、実際には10日くらいしか使っていません。
といっても、きちんとした休暇のために有給を使っているのではありません。

病気をして仕事を休まざるを得ないときに有給を使うのはもちろん、病院関連の業務ではないかと思うものにさえ、有給が使われることがあります。

たとえば、研修会や医療セミナーなどに参加するときに、有給扱いになっているのです。

そのため、10日間の有給消化といっても、実質的には本当の休みのための有給はゼロに近いですね。
私は休みがなくても特に不満が溜まらない人なのですが、周りの看護師たちは結構文句を言っています。

まあ、どこでも同じような状況らしいので、全体的な構造が変わらないといけないのでしょうね。

仲間内でうまく休暇を回していかないと取れない

回答者:えり 回答日:2016/6/30 21:08

福利厚生がしっかりとしている病院では、有給をしっかりと消化するように言われているみたいですが、たいていの病院は仕事が忙しすぎて、有給を取りたいと言える雰囲気ではないかと思います。

でも、看護師長や主任がしっかりとスタッフのことを考えてくれているところだと、上手に有給を取れるようですね。
仲間内で前もって休暇の予定を話し合って、ある程度有給をまとめて取れるように組んでいるのです。

事前にこうした計画があると足りなくなった看護師のカバーもできるので、仕事もきつくなくてかなり助かります。

本当は病院側で有給消化の取り組みをしてくれるのが一番ですが、そうでない場合は、仲間同士で話し合って休みを上手に取れるようにするのが一番の方法ではないでしょうか。

 

master