先輩に迷惑ばかりかけて心が折れそう…

自己嫌悪です。本当に嫌です。

投稿者:清水愛 投稿日:2016/1/24 12:46 58いいね!

ドジな私に自己嫌悪を覚えます。
患者さんの記録を間違えてつけてしまったり、引き継ぎの記入ミスがあったりと、いつも先輩に迷惑ばかりかけています。
先輩は怒らずに改善すべきところだけを教えてくれますので、なおさら申し訳なく思って、先輩の気持ちに応えられない自分が嫌になり、心が折れそうです。

経験が浅いうちはだれしも通る道

回答者:米山沙織 回答日:2016/1/24 20:37

看護師の仕事は何年経っても、緊張感が強いられるものです。
それだけ責任が重いですし、業務内容も難しくたくさんあるからです。

ですから、まだ経験が浅いうちは、ミスをするのもしょうがないですし、それをカバーして教育していくのも先輩看護師の役目です。
あなたのことを支えてくれる先輩も、同じような経験をしてきたのではないでしょうか?
それで、少しずつでも着実に進歩して欲しいと、温かく見守っているのだと思いますよ。

ポジティブな気持ちを保って、できることを一生懸命やるようにしましょう。
前向きな気持ちを忘れてしまうと、ミスを繰り返す原因になりますし、成長できなくなってしまいます。

同じミスは繰り返さないように意識する

回答者:山田 回答日:2016/1/25 12:03

ミスは誰でもあるものです。
大事なのは、自分で気付いたり他の人から指摘されたミスは、決して繰り返さないということです。

ミスの繰り返しを防ぐために、何かしているでしょうか?
自分のミスをメモに書き留めて、それを防ぐための対策を一緒に記しておくと良いでしょう。
そして、それを時間がある時はいつも読み返します。

そうすることで、同じ状況が生じたときは、きっちりと対応できるようになります。
また、同じことは二度としないぞ、という決意を持つ助けにもなります。

そして、頭の中でロールプレイングをしてみるのも良いでしょう。
起こりそうな事態を想定して、自分の中でどんな方法が採れるかを考え、それをシミュレーションします。
イメージができていると、実際に何か似た事態が起きた時に慌てずに対応できますので、かなり違いますよ。

大事なのは、ミスをしないように具体的に何らかの方策をとることです。

ちゃんと先輩に感謝とお詫びをするのを忘れないように

回答者:千里 回答日:2016/1/26 11:19

ミスをしてしまうのは、しょうがないことですので、大事なのはその後どのようにフォローをするかだと思います。
ミスがあった内容を修正するために、しっかりと働かなくてはなりません。

それに、ミスをカバーしてくれた先輩看護師に感謝を示したり、お詫びをしたりするのも肝心でしょう。
ミスがあった時に言葉で表現するのはもちろん、折を見ていつも自分をフォローしてくれることに感謝していることや、ミスを繰り返さないように努力するので必要なアドバイスを与えていただきたいといったことを、真摯な言葉で話すと良いでしょう。

 

master